平成の軌跡

30年前も今も「負けたくない」 ー 葛西紀明選手 - 

ノルディックスキー・ジャンプ男子で今も飛び続ける「レジェンド」葛西紀明選手に平成の思い出をたどってもらった。

―平成になった頃の思い出で印象に残るのは。

 やっぱり(1989年2月の)世界選手権に出たこと。(当時の名選手の)ニッカネン(故人)とかバイスフロクがいたので、その中で初めて戦えた。やっぱり世界は強いなと思わせられた初めての時だった。

―憧れていたニッカネンの印象は。

 飛べば勝つっていう、そういう人だった。すごいなあとしか見ていなかった。

―当時はどんな夢や目標を持っていたのか。

 レベルの差が歴然としていた。絶対、世界のトップに行ってやろうという気持ちでいた。ワクワクはしていた。どれくらい強くなるんだろうって。

―19歳だった92年3月、ハラホフ(当時チェコスロバキア、現チェコ)でフライング世界選手権を兼ねたワールドカップ(W杯)でW杯初優勝を遂げた。

 本当にうれしかった。V字をやったばかりで、うまく飛べた。(自宅に知らせる)国際電話がつながりにくかったし、高かった。 しつこく4、5回くらいかけたような気がする。うれしさを伝えたくて。

―長いキャリアの中でも印象深いか。

 全部鮮明に覚えている。(本番前に)原田雅彦さんとアルペンを滑りに行った。 直滑降をして、(スキーを)ハの字にしたら全然(ブレーキが)利かない。スピードがついたまま、足に乳酸がたまってきて耐えられない感じになって。 転んだらやばいし、木にぶつかったら死ぬと。何とか最後の気力を振り絞って止まった。 原田さんも「助けてー」と言いながら滑って。そのおかげで、怖さがなくフライングヒルが飛べた。

―94年のリレハンメル五輪では、団体で原田選手が失敗して銀メダルだった。

 (金メダルを)ほぼ手中にしていたのが逃げた。あんなに大差がついていたのに、ひっくり返されるんだと。どんなにポイント差が離れていても油断はないように、引き締める気持ちになった大会だった。

―98年長野五輪では、金メダルを獲得した団体のメンバーから外れるショックを味わった。

 相当悔しい思いをして、何年も引きずった。(銀メダルを獲得した2014年の)ソチ五輪で何とか悔しさが減った感じはあったけど、 あの4人が(金メダルを)取れたのだから俺が取れないわけはない。そういう気持ちで今もやっている。

―時代が変わっても、第一線で戦い続けてこられた一番の理由は。

 対応力、判断力、気付き。ひっくるめて自分の能力。(普段は)口に出して言わないけど、そういうところが優れているんじゃないかなと思う。

―この30年間で自分が変わった部分は。逆に変わらなかったことは。

 負けたくないという気持ちは変わらない。今は後輩に教える立場になっているけど、(相変わらず)後輩に負けたら腹が立つ。 変わったのは、他の選手が優勝すると素直に祝福できるようになったこと。(以前は)子供じゃないけど、一切握手もしなかった。丸くなったというか。

―いつも心掛けていることは。

 以前は、会社は経費を出してくれ、俺たちは飛ぶだけだ、みたいな気持ちだったこともあった。そういうのはやっぱり成績に響いてくる。 感謝の気持ちがない。ファンの人が来ているのに、そのまま帰ったりとか。寒い中で何時間も応援してくれているんだなと実感した。 感謝する気持ちが強くなって、自然と笑顔が増えてきている。こうして続けてこられたからこそ、優しい気持ちになれた。

―これほど長くジャンプの選手を続けた人はいない。

 自然とこうなった。本当に素晴らしい道を歩けている。幸せだと思う。いいことも悪いことも経験ができて、幸せだなと思う。

―平成はどういう時代だったか。

 僕のジャンプ人生が一番詰まっている30年。全てが詰まっていると言ってもおかしくない。世界に出てからの、内容の濃い30年。でも、長くは感じていない。

―次の新しい時代で、自分に期待することは。

 もっと続けていきたい。どんな道になっていくのか楽しみ。ここから先はもっともっと厳しい戦いになるんじゃないかなと思うけど、 時代が変わっても進化していける自分だと思っている。この先もメダルを狙っていけると思う。 (了)

葛西紀明選手
 葛西 紀明選手(かさい・のりあき)土屋ホーム所属。18年平昌五輪まで冬季五輪史上最多の8大会連続出場。 94年リレハンメル五輪団体銀メダル、14年ソチ五輪個人ラージヒル銀、団体銅。ワールドカップ通算17勝。176センチ、59キロ。46歳。北海道出身。(了)
【このインタビュー記事は時事通信社が2018年4月と5月に配信した記事を基に再編集したものです】
掲載画像提供元:時事通信社